暇つぶしにアフィリエイトやってます

暇つぶしにアフィリエイトやってます。本当は、嫌々ながら、1日1時間くらいやってます。

大手ASPで扱っていた脱毛の会社が破産しましたね

 

ちょっと遅いですが、ツイッターなどで、アフィリエイトBさんで扱っていた脱毛案件の会社が倒産したの知りました。

 

いろいろと書かれている人がいますが、この案件で確定してる金額があっても、払われないでしょう。

 

正確にいうと、破産した会社が、既にASPに払っている分については、振り込まれますが、まだASPが受け取っていない分は、無理でしょう。

 

クライアントがフォーイットに対する成果報酬の支払いを行わないとき、または客観的な状況からクライアントが成果報酬を支払わない蓋然性が高いとフォーイットが判断した場合は、フォーイットは、アフィリエイトパートナーに対する支払いを行わないものとする。

 

アフィリエイトBの規約より

 

法律とか全然詳しくないので、間違っていたら、ごめんなさいですが、上の規約は問題ないのでしょうね。

 

 

つまり、広告主が払わなかったら、アフィリエイターには払わなくてもよい。

 

 

 

ASPは、アフィリエイターにたいしても、広告主にたいしても、非常に有利な契約をしています。ASPが、損しないように、いろいろと決めています。

 

いくら契約があっても、めちゃくちゃなものは、争えば、無効(法律用語であっているか自信がないですが)になるかもしれません。

 

 

例えば、憲法に大きく触れるような規約は、無効になるとか。

 

 

憲法まで出てくるのは、あまりないかもしれませんが、民法などの大元の条文を根拠に争ったりする例はあるんじゃないでしょうか(知ったかぶりですが)。

 

公序良俗民法90条)で争うとか。

 

今回に当てはまるだろう「広告主が払わなかったら、アフィリエイターには払わなくてもよい」という規約は、そんな変ではないっぽいので、アフィリエイターはASPには請求できないのかなと思います。

 

 

アフィリエイターの権利としては、広告主に対しては、請求権があるでしょう。

 

ただ請求しても、ほとんどもらえないので、やらない方がよいという感じかなと思います。

 

まず、債権があることを認めさせないといけないでしょうし、認めてもらっても98%減とかでしか回収できないでしょうね(適当ですが)。

 

これから会社を整理していくのでしょうけど、普通は銀行が優先的に債権を回収します。

 

優先権というのがあって、抵当権1位の銀行から順番に回収します。あまり詳しくないですが、とにかく順番があって、一般の債権は、最後に残ったものを、みんなで分けるみたいになるので、戻ってこないでしょう。

 

 

こういったことを仕事でしたこともないですし、実際の例も知らないのですが、適当に書いてます。けっこう無駄な知識(普通に生活していたら使わない)はある方だと思っています。

 

読んだ人が納得できる内容かどうかは分かりませんが。。。

 

多分、そんなに大きく間違ってないと思います。