読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶしにアフィリエイトやってます

暇つぶしにアフィリエイトやってます。本当は、嫌々ながら、1日1時間くらいやってます。

情報商材アフィリエイトの特殊性(情報の非対称性とか)

アフィリエイト

 

以下は、超適当に書いてまして、さらにいうと、アフィリエイトで稼ぐために役立つものは少ないです。閲覧注意です。そこまで暇でもないのですが、書いてしまいました。

 

 

 

情報商材のマーケットにおいては、特にアフィリエイターの存在が大きいように思うので、書いてみます。

 

アフィリエイターがいなかったら、情報商材の市場は機能するのでしょうか。

 

まだ、駆け出しのアフィリエイターなのだから、アフィリエイト記事を書いたほうがいいと思うのですが(運営サイトで)、やる気がでません。

 

 

情報の非対称性とアフィリエイト案件

アフィリエイトの案件をみていると、怪しいと感じるものが多いように思います。

 

実際に怪しいものも多い気がしますが、試していないので、本当は違うかもしれません。

 

怪しいと思う理由は、商品、サービスの価値を判断する情報が不十分だからではないでしょうか。

 

 情報の非対称性

 

情報の非対称性 - Wikipedia

 

専門家ではないので、以下に書くことは、正確ではないかもですが、雰囲気はあっていると思います。

 

市場で買い手と売り手に情報の差があることを、情報の非対称性があるといいます。

 

こういうとき、買い手は価値の判断ができないので、本当は、よいものであっても買わないということが起きます。売れないということです。

 

市場の失敗 - Wikipedia

 

情報の非対称性があると、市場が上手く機能しなくなり、市場の失敗が起きるといわれています(学問上の話なので、実際とは違うかもしれませんが)。

 

 アフィリエイトの案件をみると

アフィリエイトの案件をみて、怪しいと感じるものが多いのは、情報の非対称性が大きい案件が多いからのように思います。

 

このような商品、サービスは、広告主だけで売ろうとしても売れにくい性質があるのではないでしょうか。

 

典型例では、情報商材ですが、他にも多くあると思います。

 

そして、情報の非対称性を解消することを(実際できるかは別として)、広告主は、アフィリエイターに期待しているのでしょう。

 

*そこまで、きれいな話ではないと思いますが

 

うまく書けませんが、アフィリエイトの案件で、怪しい(実際は分かりませんが)と感じるものが多いのは自然なことだと思います。

 

アフィリエイターがいないと、市場が機能しないような案件は、基本的には怪しい感じなのではないでしょうか。

 

情報商材アフィリエイトの特殊性

情報商材の市場において、買い手は、自動的に十分な情報が与えられない立場におかれます。

 

なので、怪しいと思って、買わない人が多いのも分かります。

 

アフィリエイターは問題を解決できるか

情報商材において、買い手の求めるものは、情報商材の中身です。

 

でも、情報商材の中身を全て買い手に伝えることはできませんので(ネタバレになったら買う必要がなくなる)、アフィエイターは、根本的には問題を解決できないでしょう。

 

なので、情報の非対称を少し埋めながら、何かシグナルを送って、買い手を納得させる。

 

情報の非対称性の解消として、情報を開示することをシグナリングというようです。

 

アフィリエイト関係の情報商材では、アフィリエイトで実績のある人であれば、不十分だとしてもシグナリングができるのでしょう。

 

チープトーク - Wikipedia

 

これを実績のない人がやると、チープトークになって、痛々しさ満載のサイトになるように思います。

 

 

 情報商材アフィリエイトの特殊性

情報商材に限らず、アフィリエイターの仕事として、情報の非対称性の解消というのはあると思います。

 

 

情報の非対称の解消が比較的簡単なものであれば、普通の人でも、シグナルを送りやすいかもしれません。

 

詳細に説明することが案件としてできて(許可されていて)、アフィリエイターが十分に情報を持つことができて、買い手が納得できるような情報を提示できるものなら。

 

 

でも、情報商材アフィリエイトは、買い手が求める商材の中身を詳細に解説することが制限されていますから(ですよね?)。

 

買い手が求める情報を与えないで、売るというのは、相当、難しそう。

 

これで終わりです(中途半端ですいません)。