読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶしにアフィリエイトやってます

暇つぶしにアフィリエイトやってます。本当は、嫌々ながら、1日1時間くらいやってます。

Google analyticsデータをダウンロードして分かったこと

 

昨日、Google analyticsのことを書きました。

 

偉そうに書いてますが、ほとんど使いこなせていません。

 

使っているのは、毎日、アクセスの状況をみることと、検索ワードをみるくらいです(しかも、検索ワードも2ヶ月くらいみてませんでしたし)。

 

ブログ内のユーザーの動きとか、他にも、いろんなことができると思いますが、全然、やってないです。

 

詳しくみるような高いレベルのことを考えていないブログということもあります。

 

ページの役割分担をしているサイトだと、サイト内を思ったように、ユーザーが動かないから修正とかあるのかもしれませんが、そういったことは、全然、考えてないです。

 

 落としたデータの内容

最近の1ヶ月分をエクセルに落としました。

 

1度に5,000件しか落とせないので(ですよね?)、2回に分けて、ダウンロードしました。

 

Google経由のアクセスは、not providedになるようなので、主にYahooからの検索データになると思います。

 

確認できる検索ワードの数は、約8,700でした。ここのところ、少し、増えているような気もしますが、すぐにツンされるので、それほど喜んではいません。

 

 トップ3の検索数

1位 277

2位 129

3位 129

 

2位と3位が同数ですが、1位と2位は、全く稼げないキーワードです。このキーワードできた人は、もしかしたら、過去に1人も申し込んでないかもしれませんね。

 

一般的に、稼げないキーワードは、人を呼ぶのが簡単なので、たまに稼げないキーワードで書いてみると、PVだけは増えます。

 

3位は、稼げる系になります。

 

他に、まともに運営しているサイトもないので、分かりませんが、特定のキーワードに対するアクセスは、とても少ないと思います。

 

あと、1ヶ月のPVは、約57,000でした。ちょっと前より、少し増えてますね。

 

PVだけみると、たいしたことないブログです。

 

他の記事を読まれていない方への補足として、レッドオーシャンでのアフィリエイトブログです。比較は難しいですが、雑記で10-20万PV集めるよりは難しいと思います。

 

稼げるキーワードが絡むと、小さい1つのキーワード(複合です)だけのために、サイトを作っているとか普通にあります(リンクも、がっつりしていると思います)。

 

こういう状況なので、レッドオーシャンでは、普通に100記事くらい書いたとかでは、検索からは、ほとんどアクセスがないかもしれません。

 

こういう自慢っぽいことを書くと、フラグが立ちそうなので、折っておきたいです。

 

 1回だけの検索の割合

確認できる検索ワードは8,700と書きました。

 

3位までは、100回以上、検索されていますが(1ヶ月で)、それ以下は、100回未満です。

 

ほとんどが、1回きりの検索です。

 

1回きりの検索ワードが7,300です。8,700確認できたうちの7,300が1回きりです。

 

経験が少なくて、分からないですが、ロングテールは、かなり拾ってそうです。

 

 ロングテールを狙うには

ロングテールを狙うには、たくさんページが必要という話があると思いますが、私のブログは50ページくらいです。

 

ロングテールを狙っていたということも全くありません。

 

どれくらいのキーワードを狙ったら、どれくらい稼げるとか、感覚的に分からなかったので、小さいキーワード(かつ稼げそうなもの)なら、もしかしたら、上手くいくかもと思って、書いていたら、今の状態になりました。

 

 

語彙数は多い方が、有利だとは思いますが、ページ数が少ないので、それも限界がありますし、強く意識はしていません。

 

Google先生も、同じような意味の言葉なら、読みかえてくれます。

 

 

例えば、「メリット」「利点」なんてのは、ほぼ同じ意味と思いますが、「利点」は、あまり使わないでしょうか。

 

「なんとか 利点」で検索すると、「利点」という言葉は使っていない「メリット」をタイトルに含んだページが出てきますので、無理に「メリット」「利点」の2つの単語をページに入れる必要はないのかもしれませんね。

 

よかったら、「スマホ 利点」とかで、検索してみてください。雰囲気が分かると思います。

 

 

そうはいっても、読みかえてくれない単語は、経験上ありますから、ちょっと変な日本語になっても、テキスト中に入れておいた方が、得だとは思います。

 

 一応、ユーザーのことを考えて

 特に、こういう感じで集客しようといったプランもなく、なんとなく作っていったら、結果として、そこそこに稼いでくれるブログができました。

 

ユーザーのことを意識して作ったのがよかったとは思います。

 

でも、徹底的に意識したかというと、それほどでもないですし、もっともっとできそうなことはあると思いながら、面倒だから、やってないと思うこともあります。

 

注)平均的なアフィリエイトサイト(ブログ)よりは、かなり手間をかけています。全力でやったかというと、そうでないという意味です。

 

また、普通は、そうするでしょ的なことで、経験不足で気づいていないことも多いかもしれませんね。

 

 

話はユーザーに戻って、すごい適当なことを書きますが、ケチケチせずに、なんでも知ったことは教えてあげればいいと思います

 

注)誰でも知っているような話とか、検索すれば、すぐ分かるような話ではダメですが

 

ネットのユーザーは、無料でよい情報を求める人ばかりでしょうから、タダで情報だけもらって申し込まない(正確にいうとアフィリエイトリンクを踏まない)人が多いと思いますが、しょうがないと思います。

 

だって、知らないサイトのリンクは踏まない方がいいと思いますから。

 

申し込まない人も、よい動きをしてくれるなら、Googleの評価を上げることには貢献してくれるので、無料で情報を提供して、ドメインの評価を上げてもらうと思えばいいのかなと思います。

 

 

だんだんと話がズレてきたので、これで終わりにします。

 

ゆっくりGoogle analyticsデータをみてみます。