暇つぶしにアフィリエイトやってます

暇つぶしにアフィリエイトやってます。本当は、嫌々ながら、1日1時間くらいやってます。

アフィリエイトで失敗してしまう理由を適当に考えました

 

アフィリエイトで失敗してしまう理由を適当に書いてみます。けっこう適当なので、あまり、つっこみはなしで。

 

あまり他の人のブログやサイトはみないので、イメージだけで書いている気はします。

 

 アフィリエイトで求められるもの

いろんな表現ができると思いますが、ユーザーとGoogleに評価されることが求められるでしょう。

 

評価されるためには、どうするかですが、自分の領域に引き込みよりも、相手に合わせる方が楽でしょう、きっと。

 

 音楽の才能があるとします

音楽をやったことがないので、適当な例えになりますが、思いついたので、これで例えます。

 

もし、音楽の才能を持っているとします。才能のレベルとしては、売れる曲を作れるレベルです。

 

才能があっても、売れるための曲を作る必然はないわけで、ずっと音楽(芸術)を追求して、ごく一部の人に受け入れられるか、後世に評価をゆだねるということもできるわけです。

 

*追求した結果が売れるのがいいでしょうが。

 

また、アイドルのために、売れる曲を作って、お金を得ることもできます。

 

こういうことが選べるとします。

 

 音楽を追求して失敗する場合

ブログでアフィリエイトをやって上手くいかない人は、売れるための曲を書くのではなく、音楽を追求してしまうのかなと。

 

芸術的要素が多く含まれると、当たり外れが多くなって、一部の分かる人に分かるようなレベルの高いものを作ったとしても、アフィリエイトには向かないとか。

 

お金のために書いていない要素が強いのに、無理にアフィリエイトしてるといいますか。

 

音楽を追求する人は、アフィリエイトをやらずに、思うところを追求していけば、可能性は低いとしても、ブログが映画化されたりといったこともあるのかな。

 

アフィリエイトリンクを入れた時点で、コンテンツが歪むのが普通だと思うので、いろいろと中途半端になるような。

 

 芸術を全く追求しないで失敗する場合

アフィリエイトサイトで、多分、上手くいってないだろうサイトをみると、オリジナリティがなさそうなものが多い。

 

典型的には、もろにパクリばっかりやっている。

 

売れる曲を作れる才能があっても、芸術的要素を、ほとんど入れないで、お金だけを考えて、曲を書くと、つまらなそう。

 

 アフィリエイトに、芸術的要素は、あまり必要ないように思いますが、全くないと、

 

つい、うっかりリンクを踏まないのかなと

 

これは、分からないのですが。

 

 

何かちょっとスパイスがあった方がよいという話です。

 

 これで終わり

ここで書いたようなことは、おそらく、芸術の世界では、古典的に話題になるような話の気もします。

 

多分、目新しさはない。

 

ただ、アフィリエイトに絡めて書かれているのは、みたことがありません(あったら、すいません)。

 

 こういう違った視点を、少しだけ、アフィリエイト記事に入れると、飽きずに読んでもらえるような気がします。

 

やりすぎない程度に。