暇つぶしにアフィリエイトやってます

暇つぶしにアフィリエイトやってます。本当は、嫌々ながら、1日1時間くらいやってます。

器が小さいので、ソワソワしてた

 

ここ2つくらいの記事は、ウソを書いているとかは、一切ないのですが、なんか高いところから見下ろしているみたいな雰囲気があったかもしれません(そう感じた人がいたら、すいません)。

 

ちょっとソワソワしてました。

 

器が小さいので、ちょっとしたことにソワソワしていました。

 

 ソワソワの理由

アフィリエイターが、とりあえず目標にする金額に100万円というのがあるようです。

 

7桁とかいったりしてますよね。

 

99万円でも、101万円でも、90万円でも、実質的には、あまり変わらないように思いますが、一般的な心理として、切りのいい数字は意識されやすいです。

 

100万円

 

私も、凡人なので、99万円だとがっかりして、100万円だとうれしいと思います。今月、思いがけず100万円ありそうになって、ソワソワしてました。

 

 

 ペンギンに絡む特殊な要因

 

Googleのペンギン4.0の開始前に、準備段階で、けっこう順位が動いていたのは、アフィリエイターなら知っていると思いますが、ここで、今までなかった申し込みがありました。

 

5日くらい、ちょっと異常な感じになってました。リンクの価値を大きく落としていたと思います。

 

注)リンクが、ほとんどないブログを運営しています。

 

 

それで、今月は、全く期待できないと思っていたところから、100万円近くまでいきそうに変わりました。

 

 期待できない理由は、いろいろとあるのですが、8月が作業をほとんどしてなくて、やらないといけなかっただろう修正をしてなかったんです。

 

そんなこともあって、8月は前月比で、全て下り坂になって、特別単価も下がりました。

 

 

正直に書くと、今後、月50万円くらい維持できればいいのかなくらい弱気になってました。いや、50万円も、かなり怪しいと思ってました。

 

なら、記事を書けという話はありますが、やる気がなくなることもあります。

 

 

 達成しました

メインの案件が95%以上なので、メインの案件が承認されるかどうかで、ほとんど決まります。

 

いろんな事情があって、半分くらいしか承認されません。キャンセルの大きな理由は、クッキーの重複です。承認は、特に優遇も冷遇もされていないようです(ASPの人に聞いています)。

 

特単もらっても、1件の申し込みで3,000円ちょっとくらいしか期待できないので、そんなに高単価でもないです。数百件単位の申し込みがないと100万円は無理な案件です。

 

 

 

こんな件数が発生するなんて、始めたころには、想像できないですね。

 

1年前には、Yahooで検索していて(Googleと基本同じですが)、Googleのすごさなど、全然、知りませんでした。

 

キーワードをめぐって、大きなお金が動いているなんてことも知らないですし、キーワードを狙ってタイトルを書くとか聞いても、なんのことですかでした。

 

 

いろいろと運がよかったのは認めますが、これは、ちょっと自慢してもいいレベルなのかと思います。

 

誰かに手伝ってもらったとかも、一切ないですし。直接、アドバイスをもらった人もいません。

 

 

消費税の納税が不要なので、いつも税込みで、金額を書いてます。これは、消費税の申告が必要な人からみれば、水増しされた金額です。

 

税抜きでも100万円超えてました。1つの案件で超えてました。

 

言い忘れましたが、初めて、100万を達成しています。

 

 感想

1日10時間以上やりましたとか、眠らないでやりましたとかは、一切なく、無理のない範囲でやりましたので、努力が報われたという感激みたいなのは少ないです。

 

8月とか、平均で1日30分も作業してないと思います。9月も、全く作業していない日が多くあります(なぜかこのブログは書いてますが)。

 

それでも、やっぱり、最初の数ヶ月は、頑張っていたと思います。頑張ったうちに入らないような努力だとしても、ここ2、3ヶ月とは、気持ちが違っていました。

 

だから、うれしい。

 

実際、どうだったのか検証は難しいですが、ユーザーやGoogleの好みにあわせて、いろいろと修正していたことが、おおむね正しかったということも、うれしく感じています。

 

 

アフィリエイトのよいところなど書きます。

 

自宅で、好きな時間にできて、お金になるというのは、普通にあると思いますが、ちょっと変わった視点で書きます。

 

アフィリエイトのよいところは、ゆっくり考える時間があることだと思います。

 

 

好きな時間にできると同じじゃないという、つっこみがありそうですが。

 

短時間に、意思決定が迫られるということがないですよね。急がされるのは、嫌いです。

 

ニュース系のサイトとかなら、もっとも人が呼べる記事を限られた資源の中で決定するとかあると思いますが、普通のアフィリエイトは、時間が、ゆっくり流れていますので、何日もかけて決めればいいです。

 

違う言い方をすれば、差し迫って、やらないといけないことが少ないということです。

 

もっと高いレベルで書くと、短時間で、最適に近いだろう回答を推測して、リスクとリターンを考慮して決定するというようなギリギリの局面がないですよね。だから、ヌルゲーだと。

 

また、フラグが立ったな、没落のです。

 

環境の変化に対応するため、記事の修正というのは、当然に必要で、はやく対応した方がいいのは間違いないですが、けっこう何日もかけてやったりしています。

 

 

アフィリエイトサイトやブログでも作ったら放置されているようなものも多そうですよね(稼いでいる人は修正していると思いますが)。

 

 

 

また、正確な金額は、報告します。

 

今やめるのが、一番、アフィリエイターとして評価が高そう。これ以上やっていると、一発屋だったということが、バレそうに思います。

 

100万円達成で、収益の公開はやめる人が多いみたいですが、それも考えます。