暇つぶしにアフィリエイトやってます

暇つぶしにアフィリエイトやってます。本当は、嫌々ながら、1日1時間くらいやってます。

やらなくてもいいことなら、やらない

 

今月、まぐれで、アフィリエイトで、月100万円達成してしまいました。

 

特別に、とっておきの手法を公開します。

 

ちょっとこれは、教えるのが惜しいくらいに思っていたのですが、特別ですよ。

 

役に立たなかったら、すいません。

 

役に立つと思うけどなあ。

 

 やらなくてもいいことなら、やらない

 

やらなくてもいいことなら、やらない

やらなければいけないことなら手短に

by折木奉太郎

 

折木奉太郎とは、アニメ「氷菓」に出てくる主人公です。原作は米澤穂信の小説〈古典部〉シリーズです。

 

TVアニメ「氷菓」オフィシャルサイト

 

折木奉太郎は、ミステリーの謎解きをする人です。

 

原作を読んだことはありませんが、アニメはみました。かなり好きです。京都アニメーションなので、絵がとてもきれいです。

 

やらなくてもいいことなら、やらない

 

アフィリエイトで、やらなくてもいいことをやっているサイトやブログが多いと思うのですが、どうでしょう。

 

アフィリエイトに使える時間が、1日2、3時間が限度の人は、やらなくてもいいことをやっていると、収益が、なかなか出ないように思います。

 

 

 おすすめの手法

手法といっても、他の人の記事を紹介して、丸投げなんですが、この考え方はいいと思うのですが、どうでしょう。

 

 

ゼミ長さんが、伊藤さんの手法を、まとめた記事です。

 

ゼミ長さんも、伊藤さんも、有名な方だと思いますが、よく知りませんし、他の記事は、ほとんどみていません。

 

ですが、これは、いいと思います。

 

 

この記事に影響されたということはないです。

 

この記事に書いてあるようなことを考えて、アフィリエイトをやっていたのですが、これをやっている人が、あまりいないように感じて、なんでやらないんだろうと思っていたときにみつけました。

 

私のやっていることと、けっこう違うといえば、違いますが、以下の重要なところは同じです。

 

 

伊藤さんは激戦ジャンルに参入しつつも戦いの最前線には行かないで勝利するというやり方です。

 

ゼミ長さんのブログより引用

 

キーワードの重要性については言うまでもありませんが、今回私はコンバージョンに徹底的にこだわっています。

即承認につながるようなキーワードでなければ扱わないようにしました。

 

伊藤さんのブログより引用

 

 

私は、それほどキーワードの探索能力はないので、普通に、キーワードプランナーとかの公開されているデータで記事を書きました。

 

なぜか知らないけど、稼げそうな小さいキーワードは、空いているものが多かったですよ。

 

 

空いているとは、既存のコンテンツで、本気のコンテンツがないということです。中には、個人の趣味のブログみたいのが、1位のキーワードもありました。

 

そのキーワードは、キーワードプランナーに、ぎりぎりで載るくらいの検索数で、検索数では、全く魅力ないですが、これは稼げるでしょうと思って書きました。

 

月に5万円も稼げるとは思えませんでしたが、現状は、稼げています。

 

 

 

 最初は、キーワードで検索して、他のサイトのコンテンツをみてましたが、数記事書いて、検索数が少ないキーワードは、本気のコンテンツがないのが分かったので、それからはライバルは無視しました(他のサイトを調べるのは面倒なので)。

 

(注)できるなら調査して、なるべく既存のコンテンツと重複を避けた方がいいです。検索ユーザーからみると、同じようなコンテンツは邪魔でしょう。

 

『私はゼミ長さんのやっている事は凄いと思いますよ。私にはできませんし、そもそもやろうと思わないというか、今は魅力的に思わないんです。自分がアフィリエイトをやっていて面白いなと思うポイントが違うんですよね。』

 

ゼミ長さんのブログの「伊藤さんの言葉」を引用

 

ゼミ長さんのサイトは、初心者が作るのは大変ですよ。

 

このレベルのサイトを1人で作ろうと思ったら、コンテンツ以外のデザインなどでも、1年くらい勉強が必要かもしれません。

 

すごいと思いますし、このようなサイトなら、SNSで紹介してもらえて、堂々と公開できそうです。

 

 

私のブログは、ちょっとSNSで紹介するには、恥ずかしいようなものです。

 

一般的なキーワードでも検索されますけど、大部分は有名な商標絡みのキーワードで検索されます。

 

広告主の商標を利用しまくっています。

 

やっていることは、商標で釣って、公式ホームページに、ユーザーを蹴り込んでいるようなページばかりですからね。

 

(注)記事の内容は、かなり誠実に書いているつもりです。

 

一般的には、商標を利用する方法は、普通に多くの人が思いつく方法なので、普通は簡単ではないとは思います(競争が激しいため)。

 

 まとめ

おそらくは、こういうことだと思います。

 

自分の持っている資源と能力を考えて、活躍できる場所を探す。まだまだ、活躍できる場所は、残っていると思います。

 

そして、

 

やらなくてもいいことなら、やらない

 

(注)あくまでも、できるだけショートカットして稼ぐということを目的とした場合の話なので、他に目的がある場合は、ここに書いた話はお役に立てないと思います。

 

 

最後に、これも京都アニメーションの「けいおん」の Don't say lazy

 

これは、一時期、相当、流行ってましたよね?

 

 

 

Please don't say "You are lazy"

だって本当はcrazy

白鳥たちはそう

見えないとこでバタ足するんです

本能に従順忠実 翻弄も重々承知

前途洋々だし…

だからたまに休憩しちゃうんです


この目でしっかり見定めて

行き先地図上マークして

近道あればそれが王道

はしょれる翼もあれば上等

 

「近道あればそれが王道」という話でした。

 

 

 

  これが、本当に最後に

 

この記事(このブログ)は、やらなくてもいいことでしょ、というつっこみはアリです。

 

「前途洋々だし…だからたまに休憩しちゃうんです」といいたいところですが、最近、ずっと休憩してますし、前途洋々でもないでしょう。