暇つぶしにアフィリエイトやってます

暇つぶしにアフィリエイトやってます。本当は、嫌々ながら、1日1時間くらいやってます。

アフィリエイターの税金(確定申告)について

 

少し踏み込んだことも書いていますので、参考にする場合は、くれぐれも自己責任でお願いします。

 

自営業の人は、給与所得者に比べて、税金をズルしやすいという話があります。実際、そうでしょう。

 

給与で、もらっている人は、ほとんど脱税をする余地がありません。

 

 自営業の脱税の手法

脱税の手法は以下の2つです。

 

  • 売上の過少申告

 

  • 経費の過大申告

 

業種にもよると思いますが、売り上げの過少申告は、普通にやっていることだと思います。個人の飲食店では、いわないとレシート(領収書)くれないことも多いでしょ。アレです。

 

経費の過大申告は、生活費を経費にしてしまうのが、普通のやり方です。架空の経費を計上し、領収書を偽造するなんてのは、普通はしません。

 

 アフィリエイターの場合

アフィリエイターの場合、売上の過少申告は、やりにくいです。

 

やっても、すぐにバレます。ASPからの振り込みという取引の検証が容易にできるので、議論の余地がないです。

 

バレるといっても、調査されたときに、簡単にバレるという意味なので、調査されないような少額なら、実質的には申告しなくても問題ないでしょう。

 

1年で数万円しか振り込みのないASPとかなら。

 

ということで、売り上げを偽るのは、あまり現実的ではありません。

 

 

 

それで、経費の過大申告です。

 

つきつめて考えると、アフィリエイターにしてもブロガーにしても、人生の経験の全てが記事のネタになるともいえるので、使ったお金は、全て経費だという考え方はあると思いますが、税務署には通じません。

 

なので、事業に直接関係する経費のみを計上することになりますが、アフィリエイトという業種は、PPCとか、外注を大量に利用しているような場合を除き、経費がかかりません。

 

売上が1,000万円以上あっても、経費が数万円ということもありえます。レンタルサーバーと、ドメイン代くらいしか、ホワイトハットでやっているとかかりません。

 

なので、屁理屈をつけて、生活費を計上するしかありません(こんなこと書いていいのか)。

 

 そもそもの調査の可能性について

一応、税務調査が入ったときに備えて、少しは用意しておかないといけないと思いますが、売上が1,000万円にも満たない自営業の人は、調査など入らないでしょう。

 

いくらなら入るかは、その辺の実務を知らないので分かりませんが、売上が数千万円あると、異常な点がなくても、入ることもあるくらいだと思います。

 

税務署は、暇ではありません。違う言い方をすると、費用と効果を考えて、行動していますので、無駄な調査はしません(趣味の調査は基本的にしません)。

 

なので、弱小アフィリエイターは、税務署など怖がらなくていいと思います。

 

以下のような勇者でなければ…

 

  • 申告しない無申告の勇者

 

  • 脱税していることを、周囲に自慢している勇者

 

  • どう考えても異常と思える偽りの決算をもとに申告する勇者

 

ほどほどの生活費を経費として、自然に計上しておけば、税務調査とは関わることもないと思います。

 

 

 なんとなく思っていること

 

グルメブログほしいなあ。飲食代を経費にすることの根拠にするため。

 

旅行ブログも同じでほしいです。

 

もしも、調査が入ったときに、ブログがあるということだけで、経費に問題がないということになりませんが、印象が違います。

 

税務調査なんて、同じ基準でやっていませんし、ある意味で、適当ですから。

 

弱いとしても、何かしらの根拠があるなら、堂々と事業を営むうえで必要なことを主張すればよいと思います(ない場合でも)。

 

まったく根拠がないと、議論にすらなりません(指摘に従うしかありません)。

 

 

注)今年から自営業を始めていますので、未体験のことを書いています。

 

 

外注の実績もほしいかなあ。これは、少額なら、簡単に実績が残せるし。

 

外注を使うアフィリエイターは、経費率が高いくらいの知識は、税務署もあるでしょうし。

 

外注費という勘定科目に、いろいろとつっこんでおけば、表面的には、少し多い経費であっても正常にみえます(やれ、といっているのではありません)。

 

 

まだ、たいした売り上げもないのに、この妄想ぶりにはあきれた。

 

 合法的な節税

青色申告は普通はするでしょう。

 

青色申告には、メリットが多くあるので、まずはこれを利用します。

 

私は、今年の4月に開業届けと一緒に青色申告の届けもしています。

 

 

 

 青色申告の他に、小規模企業共済というのが、よく節税の手段として紹介されています。

 

掛け金の全額が、小規模企業共済等掛金控除として、所得から控除できるので、節税の効果は強力にあります。

 

経費と所得控除の違いは、他のサイトをみてください。

 

小規模企業共済は、節税のメリットが大きいので、使う人は多そうに思います。でも、事業をやめるまで、お金が返ってこないのと、早く解約すると、80%くらいしか返ってきません。

 

80%返ってくれば、節税の効果の方が大きいので(所得にもよりますが)、あまり気にしなくてもいいのかもしれませんが、資金が拘束されるのが、デメリットです。

 

せっかく稼いだお金が使えませんから。

 

無理やりのまとめ

ここに書いたことは、大きくは違っていないと思っていますが、十分に調べて書いたことではありません。

 

でも、10年自営業をやっている設定にして、もう少し、丁寧に書けば、一般ユーザーには、詳しい人が書いたように見えませんか。

 

アフィリエイト記事は、こんな感じで、ささっと(十分に調べないで)多く書くのが効率がよいかもしれません(誠実性に欠ける問題はありますが)。

 

キーワードに対して、ユーザーが満足感を得れば、記事の正確性は問われませんから。Googleも認めていたと思いますし、不正確な内容で上位に表示されている記事も、みかけます。

 

なお、そういった感じでは、アフィリエイトは基本的にはやっていませんので、時間をかけて記事を書いています。

 

 なんか脱税指南みたいな内容になっているので、ほどほどに書いておきました。