読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶしにアフィリエイトやってます

暇つぶしにアフィリエイトやってます。本当は、嫌々ながら、1日1時間くらいやってます。

年収1,000万円を超えるかどうかで思ったこと

 

今年、アフィリエイトを始めたような感じなのですが、年収1,000万円を超えるかどうかになっています。

 

アフィリエイトは、こんなにも、お金が動いているとは思ってませんでした。

 

マーケットの大きさと比べて、ビジネスとして参加している人の量も質も足りていない状態なんだと思います。だから、初心者でも、運がよいと、大きく稼げます。優秀な人が、人生をかけてやると、現状では年収5,000万円くらいすら通過点になりそうですが、どうなんでしょう。

 

 状況のおさらい

 

前にも、何回か書いてますが、1つのブログで、ほとんど1つの商品を紹介しています。

 

なので、この商品の広告がなくなったり、提携解除されると自動的に終わります。

 

1つの商品に、こだわるつもりはなかったのですが、いくつか紹介しているなかで、紹介しやすいので、メインで紹介していると、特別単価になったので、さらに紹介したところ、売れたので、そればっかりになりました。

 

 

レッドオーシャンの商品ですが、同じジャンルの中では、単価は低いです。特単をもらっても、1件で1万円以下です(申し込み1件あたりで、期待できる報酬は5,000円以下です)。

 

1件で数万円といった単価の出る案件もあるみたいなので、そういった意味では、稼ぎやすいともいえません。

 

特単がないと、この案件だけで大きく稼ぐのは無理です。

 

さらに、クッキーの重複が多いので、承認率は50%程度です。ASPの中の人に聞くと、全体の承認率も50%程度とのことでした。

 

 クッキーの重複

 アフィリエイトの成果の捕獲は、ほとんどの場合、クッキーを使って行われます。

 

積極的に、アフィリエイトに参加している広告主だと、複数のASP経由で広告を出しています。

 

このため、複数のASPの広告をクリックして、申し込む人がいます。そうなると、同一の申し込みに、複数のASPで成果が発生します。

 

そして、1件だけが承認される。どれが承認されるかは、広告主が好きに決めています。

 

私のメイン案件では、恣意的な偏った承認はされていないと感じています。月に数件しか承認されないときも、数百件単位で承認されている現在も、承認率が変わってないからです(また、ASPから聞いた全体の承認率とも近い数字です)。

 

 先月の状況

先月は、メイン案件だけで、確定ベースで200万円超えています。

 

ミドルワード以上のキーワードで、上位検索されるページは、本当に少ないです(ホワイトハットなので、そもそも狙っていないこともあります)。SEOで熾烈な競争があるキーワードとは無縁です。

 

それなのに、1つの案件で、月200万円です。

 

もしも、大きなキーワードで1、2位になって、複数の案件に大量の申し込みがあると、どうなるか分かりますよね。

 

ツイッターで、月500万円のサイトが飛んだとかありますが、稼げる大きなキーワードで上位に検索されていると、1つのサイトで月500万円とか普通の話なんですよね。コンテンツの中身とかではなくて、売れる場所が取れるなら、売れるでしょう。

 

月に500万円とか、1,000万円とかも、人生かけてやる気があれば、それほど難しいとも思いませんので、興味がある方は試してみる価値ありと思います。アフィリエイトなら、この金額も夢ではないと思います。

 

(注)人生かけるとは、作業時間だけではないですが、作業時間なら、1日12時間くらいなら最低レベルかもしれませんね。成功する人は、努力してますよ、多分ですが。

 

私の場合は、1月から7月の中旬くらいまでは、アフィリエイトやってましたが(といっても平均で1日3時間くらいかな)、それ以後は、1ヶ月に記事を1つ書く程度なので、ほとんどやってません。

 

運がよいと、少ない記事少ない作業でも、月に100~200万円くらいなら、ありえます。たまたま、おいしい市場をみつけてしまったんだと思います。

 

やっと、本題に

 

 消費税の課税事業者

消費税の課税事業者の判定は、1,000万円ルールです。

 

個人事業主の場合、年の途中で開業した場合でも、税込の金額で、実際の課税売上が(年換算しない)決算で1,000万円超えるかで判定されます。

 

 法人は違う

 昨日知ったのですが、法人の場合、1年未満の決算の場合は、1年に換算して判定します。

 

半年で決算して、600万円課税売上があったら、1年分にするために、2倍して判定するみたいです。国税のサイトに書いてました(税法で決まっているみたいです)。

 

 判定は税込

課税事業者になるかどうかは、税込で1,000万円を超えるかで判定されます。

 

書いていて、需要がない普通のことすぎると思いました。これ調べる人は、権威のあるサイトみますよね。

 

 1,000万円超えたら払えばいいだけですが

課税事業者になったら、払えばいいだけの話ですが(しかも翌々年からです)、昨日、思ったのは、開業前のアフィリエイト収入は、どうするかです。

 

開業前の収入が10万円未満だけどあります。

 

開業前は、雑所得にして、開業後は、事業所得にしようと思ってました。どっちにしても、同じ税率で総合課税されるので(あってますよね?)、あまり問題にしてませんでした。

 

これが、消費税の判定に絡むと、よくないのでしょうね。所得の区分と、消費税の判定とは、別物のようです。

 

開業届けが出てるとか、そういったところでも、判断されないっぽいです。

 

 

  国税のサイトでは

 

国税の消費税の説明ページへのリンクです。

 

No.6105 課税の対象|消費税|国税庁

 

消費税の課税対象は、国内において 事業者が事業として対価を得て行う 資産の譲渡等及び外国貨物の輸入です。

 

「事業者」とは、個人事業者(事業を行う個人)と法人をいいます。
「事業として」とは、対価を得て行われる資産の譲渡等を 繰り返し、継続、かつ、独立して行うこと をいいます。

 

単発的な取引ではなくて、常時、継続的にやっていたかどうかがポイントのようですね。

 

 

なんとなくですが思うこと

 

(注)税理士の先生や税務署や国税に質問していませんので、以下は、ど素人の感想です。

 

 

開業届を出す前といっても、実態をみれば、開業前も開業後もやっていることは変わらないわけです。

 

報酬が伸びそうだから、開業届けを出しただけなので、開業前だけが判定の対象にならないというのは無理があるかなと思っています。

 

開業届を出したのは、遅かったので、事業税の控除は月割されて(余分な税金を払う)、消費税の判定は開業前の売上も含まれるという、、、損しましたね。

 

制度は知らないと損します。

 

といっても、春の時点で、事業税を払ったり、消費税の判定とか、想像できなかったので、しょうがないですね。

 

 

これからアフィリエイトを始める方は、始めた時点で、開業届けと青色申告の申請をした方がいいかもしれませんね。開業届けを出すことで、やる気も出るかもしれません。

 

 決算後に電話しようと思いますが

決算をして、開業前の売上も含めて1,000万円を超えたら、税務署に電話しようと思います。

 

ただ、この電話相談って、法律や通達で明らかになっていることを確認するには便利と思いますが、解釈が含まれるような部分は、実際、税務調査になったら、「電話でこういってましたから」といっても通らないと思いますが、どうなんでしょう。

 

今回の相談の場合は、解釈すらも分かれないように思います。開業前も当然に判定に含める。一応、1,000万円超えたら電話しますけど。

 

 

ちゃんと相談にのってくれたと仮定して、想定される回答は、

 

  • 開業前の所得は、雑所得、事業所得か、好きにすればいい(雑所得をおすすめ?)
  • 雑所得としたかどうかに関係なく消費税の判定には開業前も含める

 

こんな感じかな

 

 最後に

こういうのは、1,000万円超えてから考えればいいことで、こんなのを調べるのに、時間を使って、ここで書いているのは(想像してることだけですし)、無駄な作業ですね。

 

でも、まあ、専門家に質問するときでも、ある程度、調べて知識がないと、間違ったことをいわれても、分かりません。

 

税理士の先生に聞けば、消費税の判定くらいなら、さすがに間違えないと思いますが、マニアックなことを聞けば、普通は即答できません。

 

 

先日、税務署と青色申告会の主催の決算説明会にいって、せっかくなので、アフィリエイト特有の少しマニアックな処理について、説明会後に、税理士の先生に質問しました(聞いてよいといってたので)。

 

気にする人は少ない処理なので、ここでは詳しく書きませんが、先生は、「実務で、そのようなことは扱ったことがない」と、正直にいってました。

 

 

税理士に限らず、専門家といわれるような人達でも、すべてに通じているわけではありません。得意な分野以外は、一般の人よりは詳しいくらいです(調べ方には精通しているでしょうから、お金をちゃんと払っていれば、すぐに調べてくれるでしょうけど)。

 

私の場合、人のいうことを信じないので、けっこう調べる方です。信じないというか、忙しいと適当な答えをいう人や、勘違いなんてのは、普通にありますから、大事だと思ったことは調べてしまいます。

 

暇だからできるとは思っています(外で働いていたら時間ないです)。

 

消費税とか、大事かどうかといわれると、そんなでもないのですが、調べてしまいました(すいません、納税の義務がありますので、大事ですよね)。

 

 

需要がなさそうな話題を長々と書いてしまいました。