読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶしにアフィリエイトやってます

暇つぶしにアフィリエイトやってます。本当は、嫌々ながら、1日1時間くらいやってます。

レヴュー記事の書き方(雑談レベル)

ビアンカさんが、ブログ更新してました。

 

biancaweb.net

 

レヴュー記事の書き方が紹介されています。参考になると思います。

 

「全部実況するというのはNG」とありますが、やっぱりそうなんでしょうね。

 

 

絶望するレヴュー記事の例(超適当です)

 

ネットで申し込みました

ワクワクして待っていたら届きました

開封(写真)

使ったよ(写真)

よかったよ(はい、ステマ乙)

ここは嫌いだな(控えめにデメリット、ステマがバレないように)

やっぱり、いいよ

買え

 

 

こういうレヴュー記事は、あまり書かないので、適当です。

 

前に、ある商品で、「商品名 口コミ」で検索したら、こんな感じのページが検索結果にエンドレスでありました。

 

最初の2、3人になれるなら、いいのかもしれませんが、エンドレスであるのに、今さらやってもね、どうなんでしょう。

 

 

深い考えがなくて、全部、実況するのは、ユーザー無視で、自分が主役なんですよね。こういうのが、手間をかけていない記事の典型かと思います。

 

とりあえず、全部、書いとけみたいな(情報の網羅性とは似て非なるもの)

 

こういう誰でも考えつきそうで、多くの人がやっていることを、今からやっても、相当、工夫しないとダメだと思いませんか。

 

 

 

ユーザーの知りたいことが先にあって、それを満たすために、レヴュー形式の記事が適切だと思うなら、レヴュー形式にするとよいと思いますが、そうすると、ポイントを絞りますよね。

 

特殊な商品で、全部、実況して欲しいユーザーが多いのが分かっていれば、こういうのもいいかもしれませんが、全部といっても、ポイントがあるでしょう。

 

ダラダラと書いてあるレヴュー記事は、ユーザーの心を満たさない、多分。