暇つぶしにアフィリエイトやってます

暇つぶしにアフィリエイトやってます。本当は、嫌々ながら、1日1時間くらいやってます。

アフィリエイトの継続とか努力とか

 

リンクAというASPのブログの記事ですが、真実味があったので、紹介します。

 

リンクAは使ったことがありませんし、この記事の内容が正しいかどうかも知りません。こういう記事も、一応、疑ってみてもいいとは思います。

 

1年半で、月200万円まで稼げるようになった方(主婦)の継続と努力がインタビューされています。

 

 

blog.link-a.net

 

 

アフィリエイトで成功した人は、継続して努力すれば稼げると発言することがあります。

 

ネット上でも、そういった話は、よくみかけます。

 

それで、続けていれば、稼げるようになると思う人もいるでしょう。

 

この記事にあるようなレベルで継続すれば、かなりの割合の人が成功するのではないでしょうか。

 

 

1年くらい、睡眠不足で徹夜のような日々が続いても、それで成功できるなら、アフィリエイトは甘いと思います。

 

それくらいやったのでは、成功しないものは、多くありますし、そもそも才能がないと、どうにもならないものもあります。

 

でも、体に大きな負担もかけるでしょうから、簡単に、おすすめしているわけではありません。

 

 

―――――――3足の草鞋とは、更に生活が大変になりませんでしたか?また、具体的にどのように勉強されていたのでしょうか?

 

正直、ものすごく大変でした(笑)。

 

アフィリエイト塾に入っている間の生活は、8時間は今まで通りの建築の仕事をして、家事や子供の寝かしつけなどをしたあとの夜に、アフィリエイトの勉強を4時間くらいする毎日で・・・

 

オンライン講座だったので時間には融通が利いたのですが、少し無理してでも入った25万円の塾なので、やるしかない!と。

 

 

何かを成し遂げるのは、それなりの努力が必要です。

 

アフィリエイトは、努力が報われる甘い方だと思います。

 

ただし、若くて健康で独身の人なら、少しの無理もいいかもしれませんが、そうでもない人は、無理をしない方がいいと思います。

 

「若い時の苦労は買ってでもせよ」

 

アフィリエイトは苦労が報われやすいので、「若い時の苦労は買ってでもせよ」という諺が、ぴったりです。

 

また、若くなくても、人生経験を活かして、アフィれば、成功するとも思います。

 

 

 

―――――――どのくらいで最初の目標の10万円に到達しましたか?

 

サイトを作り始めてから、だいたい半年くらいです。最初、0円・数百円・数千円だったものが、10万円に到達した時には本当に嬉しくて!念願である建築の仕事を辞めました。

 

納期にとらわれることがなくなった分をアフィリエイトに割けるようになったので、とにかくがむしゃらにサイトを200個ほど制作しました。

 

とりあえず、200個くらいサイト作りますか。

 

結果が出ないと嘆くのは、それからでもいいです。これだけやって結果が出なかったら、諦めもつくかもしれません。

 

 

 

200サイトも作って、これだけ稼げていれば、経験が大きく蓄積されていると思うので、よほど大きな環境の変化がなければ、高収入を維持できるのではないでしょうか。

 

うらやましいです。

 

私は、アフィリエイトに関しては、努力したといえるものがありませんので、努力した人と大きな差がつくのは、しかたのないことです。

 

 

すごく適当で厳しいことを書きますけど、成功した人がいう努力と上手くいかない人がいう努力は、大きな差があると思います。

 

成功した人が、「そんなのは努力のうちに入らない」というようなことを、上手くいかない人は「私、頑張っている」と感じるようなことはあると思います。

 

これは、アフィリエイトに限らず、多くのことでそうだと思います。

 

 

 

いつも、ほとんど記事を書いていないとか、暇つぶしくらいにしかアフィリエイトやっていないとか書いてますし、それは事実です。

 

だからといって、努力が不要といっているのではなくて、努力している人は、かっこいいと思いますし、努力した人が報われるのは、うれしく思います。

 

また、努力が少なく、たまたま上手くいっても続きにくいとも思っています(⇦私のことですね)。