読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶしにアフィリエイトやってます

暇つぶしにアフィリエイトやってます。本当は、嫌々ながら、1日1時間くらいやってます。

売上の計上基準が分からなくなった話

 

昨日、いつも拝見してるアフィリエイターの方のブログで、A8の収益計上は、毎月1日に計上していると、教えていただきました(リンクは迷惑かと思い貼りません)。

 

えっと思ったのですが、検索してみると、1日にしている方が出てきます。もしかして、1日が普通なの?、いやいや、どうなんだろうと思ったので、ちょっと調べながら書いてみます。

 

このブログで、適当に税金のことを書いてますが、読み物程度でお願いします。

 

 

 A8のビジネスの流れ

必要なところだけ

 

(A)報酬が発生(キャンセルもある段階)

  ↓

(B)報酬が確定(ほぼ確定値)

  ↓

(C)振込

 

(A)(B)(C)のどこで、売上を計上するかが問題になりますが、(B)です。

 

 収益の計上基準

会計でいうと

 

(A)は、発生主義的な考え

(B)は、実現主義

(C)は、現金主義

 

現在の会計の慣習では、(B)が収益の計上基準として、採用されています。大企業の決算から、個人事業主まで、売上の計上基準だけは同じです(現金主義での収益計上も、一定の条件で届出をすると、認められるようですが)。

 

 (B)は、対価を受けるような行為をして、かつ、現金同等物売掛金など)を受け取った時期に計上するという基準です。

 

ある程度、金額が確定している売上しか、計上できませんというものです。

 

 

これは、会計側の要望です。不確実な要素が多すぎる売上の計上を認めると粉飾決算になるからです。

 

税務は、売上が多ければ、多く税金取れるので、もっと早い段階で計上しても歓迎されるでしょうが、ここは会計に譲って、税務でも実現主義を採用しています。

 

税務では、実現主義のことを、権利確定主義といいます(←今、知ったのですが)。

 

 

そもそも、権利確定前に、収益を計上すると、後で修正しまくりでしょうし、基準が難しいです(実務も大変でしょう)。

 

 

アフィリエイトでいうと、サイトやブログを作り始めた段階で、なにかしらの価値が生じていますので、純粋な理屈では、収益を認識できます。

 

しかし、この段階での収益の計上は、見積もりの要素が多すぎて、あまりにも不確実なので、税金の計算に使うのは、ちょっと無理ってことですね。経営成績を示すための売上としても適切ではないでしょう。

 

内部資料として、好きな会計基準で、数字を作ることは、大きな企業なら、どこでもやっていることで、管理会計といわれていると思います。アフィリエイターも頭の中で、管理会計していると思います(発生時に振込みの見込みを計算するでしょう)。

 

 

知ったかぶりは、これくらいにして

 

 

 それで、具体的にいつなの

A8の場合、月末に広告主が承認して、アフィリエイターには翌月1日に知らせる案件が多いと思います。

 

それで、A8の管理画面だと、日付は月末承認になります。注文ごとに承認日が管理画面でみえて、これが月末です。

 

例えば、12月だと、12月31日に承認と管理画面にでます。アフィリエイターが、確認できるのは、1月1日です。

 

 

12月31日に収益を計上するか、1月1日に収益を計上するかです。

 

深く考えずに、12月31日にするものだと、思い込んでました。

 

また、1月1日の計上は、税務リスク(売上漏れと指摘される)あると思います。

 

 

でも、1日に計上されている方は、ネットで検索するといましたので、1日計上が、もしかして普通なの?と分からなくなりました。

 

 ひとりごと

会計の実現主義と、税務の権利確定主義は、ほぼ同じようですが、厳密には違うのかもしれません(詳しくありません)。

 

会計で理屈が通れば、税務もOKにしてるという慣習があるとすれば(実務は知りません)、1日に通知されるので、1日でもいいのでしょうか。

 

 

実現主義といっても、基準がいくつかあって、物を売るビジネスであれば、出荷基準、納品基準、検収基準といったものがあります。

 

↑こういうの検索しながら書いてます、いわゆる、知ったかぶり

 

上で書いた3つの中では、検収基準(相手が品物に問題ないと認めてくれた時点で計上)が一番遅い収益の認識です。

 

実現主義といっても、基準によって、同じ日に計上されるとは限りません。

 

アフィリエイトの実現主義でも、複数の基準が考えられるのか?というところが、会計上の問題になるように思います。

 

 

A8の例だと、管理画面上ですが、12月31日という日付付きで、承認しましたと証拠書類があります。

 

なんとなくですが、物を売るビジネスに無理にあてはめると、12月31日に検収が完了して、支払いますよといっているものを、1日に売上するのは、遅すぎるように思うのですが、どうなんでしょう。

 

12月31日の日付の検収書が、1月1日に届いた場合、1日に計上するのは遅くないですかという話に近いのかな。無理にあてはめてますか。

 

 

アフィリエイトは、ビジネスが単純だから、会計処理も簡単ですと、前に書いたかもしれませんが、全く同じ環境でも(この記事の例ではA8)、違う処理がされていることが分かりました。

 

A8などのASPだけでなく、アドセンスでも、同じ問題があるようです。これも人によって違うのでしょう。

 

継続してやっていれば、どっちでもいいという感じで、税務調査がされているといいですね。

 

あと、基準が継続してないと、見つかったら、アウトです(税金払いたくないから、月末から月初に変えましたみたいなの)。基準を変えると、利益操作できますから。会計でも継続性の原則というものがあります(間違っている処理を正しい処理に変更するのはOKですが)。

 

長々と書いてしまいました。年末なのに、どんだけ暇なんでしょう。この後、最低でも5日くらい、ブログは更新しないと思います。あと、最近、売上げが減ってます、来年は厳しそうです。