読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇つぶしにアフィリエイトやってます

暇つぶしにアフィリエイトやってます。本当は、嫌々ながら、1日1時間くらいやってます。

決算(初年度)が完了しました

 

個人事業主としての決算が完了しました。

 

確定申告は、この決算を基にして行います。

 

 使ったソフト

フリーウェイ経理Lite(無料版)

 

は、どちらかというと法人を対象にしたソフトのような気もします。

 

選んだ理由は、無料だからです。

 

 

その後、予想を超えて、大きく稼げましたので、無料よりも使いやすさを優先すればよかったと思いますが、開業時は、無料に魅力がありました。

 

 メリット

  • 無料
  • フリーウェイ確定申告(無料版あり)と連動させ、確定申告もできる
  • 特に機能が足りないとは感じない

 

 デメリット

  • クレジットカードと連動して自動仕訳といったことはできない
  • インターネットが使える環境でないと動かない
  • 紙へのアプトプットが面倒(後で説明)

 

フリーウェイジャパン(ソフト提供会社)のビジネスモデルが、よく分かりませんが、有料版は月3,000円かかり、また、税理士とのデータ共有のサービスをやっていて、そちらで稼ぐのでしょう。

 

 作業

 期中に、売上と経費の入力はしていますので、今回は、決算だけをしています。

 

 期中の作業(3つ)

売上は、ASPごとに、1ヶ月ごとに承認された分を、まとめて入力しています。

 

売上の入金時は、入金の処理をします。

 

経費は、ときどき領収書を基に入力します。

 

 決算の仕訳

(事業主勘定を元入金に)

 

決算仕訳で、大きなものは、事業主勘定の元入金への振替だけでした。

 

事業主勘定は、個人の現金預金やクレジットカードで、経費になるものを買ったときなどに使っています。これは、期末に元入金に振り替えるようです。

 

振り替えなくても、税金の計算には影響がありませんが、一応、会計期間ごとに、きれいにするようです。

 

追記

 

税務署提出用の貸借対照表の期末残高をみると、事業主勘定を振替前で、記載する形式になっていますので、振替前で記載しないといけないのでしょう。

 

翌年の期首残高は、振替後で記載する形式になってました。

 

適当に書いてました。

 

(振込手数料の計上)

 

細かいところですが、翌年、振り込まれるときに、差し引かれる振込手数料は、未払金に計上しました。

 

例えば、A8は、10,000円振り込まれるとき、ゆうちょ銀行だと、30円引かれて、9,970円になります。

 

9,970円を売上にするのではなく、10,000円を売上として、30円を手数料として経費にするのが、適切だと思います。

 

 

30円は、振り込まれたときに、経費にすればいいとも思いますし、期中は、そうしていました。

 

30円の費用の発生は、振込み時に発生するのではなく、10,000円の売上があったときに、発生すると考えられるため、今期の費用にしました(こういうのは、原因発生主義といったような、違ったら、すいません)。

 

もしかすると、引当金に近い性格になり、税務上、問題ありかもしれませんが、貸借対照表の項目が少ないので、趣味的にやりました。金額が、ものすごく小さいので、どう処理しても問題にはならないと思います。

 

 (その他はなし)

 

 商品を扱っていれば、たな卸しに基づいて、商品の金額を確定したり、固定資産を持っていれば、減価償却費を計上するといった決算処理をやりますが、そういったものを扱っていないので、必要ありません。

 

 決算書のチェック

 

  貸借対照表(残高試算表)

 複式簿記の仕組みでは、資産、負債の増減は、基本的に、損益の金額と一致します(元入金を増やすような資本取引は除く)。

 

資産の増加額=利益額という感じです。

 

期中に、いろんな取引があっても、結局、それは資産、負債の増減として、貸借対照表に残ります。

 

個人事業主レベルでは、税金計算のための利益を計算する過程で生じた余りが、貸借対照表といえます。

 

なので、資産と負債の金額をチェックすれば、利益を検証したことになります。

 

 

(でも、問題あり)

 

事業主勘定(元入金に振り替える前)は、検証が難しいです。多くの取引結果が集まっていますので、簡単に検証できませんし、間違いがあるとすれば、ここだと思います。

 

(借)経費×××(貸)事業主借××× という仕訳で、

 

金額を間違えると、仕組み的に、間違いが分かりにくいです。

 

事業主勘定ではなく、現金預金や未払金であれば、現金預金や未払金の残高が、実際と違ってくるので、後から、入力ミスが発見できます(どこか間違ったことが分かります)。

 

法人だと、事業主勘定はありませんので、この問題はありません。

 

(現金、預金)

 

事業用の現金、預金の残高と一致しているか確かめます。事業用の現金は持っていないので、事業用の預金口座の残高と一致していることを確かめて完了です。

 

売掛金

 

ASPの管理画面で確認できる未入金の数値と、売掛金の数値の一致を確かめます。未払金(振り込み手数料)も確かめました。

 

 損益計算書

貸借対照表が、十分に検証できていれば、損益計算書は、さらっとみるくらいでいいのかなと思います。

 

事業主勘定が十分に検証されていないので、少し、丁寧にみています。

 

(売上)

 

 売上は、1円のズレもないように、あわせました。

 

ASPの管理画面で確認できる数値と1円の違いもなく整合している、実際に入金された金額、未入金の売掛金の合計が、1円の違いもなく、売上に反映されていることを確かめました。

 

(経費)

 

経費は、月次の損益計算書を出せるので、異常な項目がないかみました。

 

領収書の金額を大きく間違えて入力していれば、異常値が残っているでしょうから、ないか探します。

 

入力ミスもあるかもしれませんが、もう一度、領収書を照合するようなことはしていません。

 

(全体をみて)

 

全体をみて、変なことになっていたり、違和感がないかみます。

 

 

 印刷

青色申告の申請時は、経費帳など作ると書いて申請しましたが(普通そうみたいなので)、そんなものは作っていません。

 

もしも、税務調査があったら、総勘定元帳が経費帳も兼ねていることにします。

 

仕訳帳、総勘定元帳くらいは、印刷して出しておいた方がいいと思い(データが消えるリスクもあるでしょうから)、家庭用プリンターで印刷しました。

 

 

フリーウェイ経理は、

 

科目ごと、月ごとしか、帳簿が印刷できません。

 

今年の総勘定元帳全部とか指定できません。

 

 

仕訳帳、総勘定元帳を印刷するのに、2時間以上かかったと思います。

 

プリンターが、ゆっくり印刷なのもありますが、科目と月を指定して、印刷して、また、月を変えてとかやっていると、時間かかります。

 

1年に1回しか印刷しないので、まあいいかとも思いますが、フリーウェイ経理のFAQでも、できない?⇒できません と書いてましたので、要望はあるのでしょう。

 

 感想

 印刷に時間がかかった以外は、あまり困ることはありませんでした。

 

アフィリエイトで稼いでいる人であれば、会計や税務の処理は、税理士にやってもらう方が効率がいいように思います。

 

でも、それほど難しいことではありませんので、実際に、仕訳を入力して、仕組みを(なんとなくでも)分かるのは意味があると思います。

 

アフィリエイトよりは、全然、簡単です(当たり前でしょうか)。

 

近日中に、確定申告書も作ろうと思っています。