暇つぶしにアフィリエイトやってます

暇つぶしにアフィリエイトやってます。本当は、嫌々ながら、1日1時間くらいやってます。

ネットビジネスは口座凍結が怖い

 

大手ASP経由でアフィリエイトをしていれば、これから書くことは、ほとんど関係ないと思います。

 

たまたま口座凍結の記事をみて、怖いと思ったので書きます。

 

口座凍結は、意外と簡単にされて、解除が難しいようです。凍結って、全財産を預金していても、権利没収される恐ろしいものです。

 

 パターン

ざっとみただけなのですが。

 

銀行の独自の判断で凍結

犯罪などに関与していないのに、凍結します。解除も大変です。

 

楽天銀行が、むちゃしているという情報がネットに多くあります。

 

銀行名が載ってませんでしたが(R銀行のようです)、1,000万円預金のある口座を凍結されて、訴えた法人があり、新聞記事にもなったようです。新聞記事の引用はネット上に、いくつかありました。

 

個人口座を、楽天銀行は、かなり凍結してるようです。

 

ネットオークションなどで、不特定多数の人から振り込みがある口座は、凍結の対象になりやすいようです。

 

こういった口座と生活用の口座を一緒にしていると、生活資金も凍結されます。

 

そして、解除が簡単ではないようです。

 

ネットビジネスをやっていないのに、凍結された例として、(怪しい)ポイントサイトから入金があったので、凍結されたと推測できる事例もネットにありました。

 

このパターンは、銀行独自の判断ではないかもしれませんね。後で書きます。

 

楽天銀行 口座凍結」で検索すると、たくさん出てきます。

 

もちろん、楽天銀行以外でも、銀行の判断で凍結されるときもあるでしょう。

 

 

 犯罪に関わって警察の要請などで凍結

これは、まあしょうがないかもしれません。

 

例えば、口座を売って、口座が犯罪に使われた場合などです。

 

一度、口座を売ることで、違う銀行も含めて、全ての口座が凍結されるようです。

 

また、今後、どの銀行でも口座が作れないということがあるようです。

 

口座のない生活になり、困っている人はいるようです。

 

 

 犯罪に巻き込まれたり誤判定で凍結

これは怖いですよ。

 

話は変わって、国が関わる口座凍結は、運用方法によって、国家権力からみて邪魔な人間の資金を凍結することもできるんじゃないかな。

 

マネーロンダリング振り込め詐欺を防ぐための法律は整備されていますが、本当の目的は違うところにあるのかなと疑ってしまいます。

 

 

犯罪に巻き込まれるパターンとしては、犯罪に関わった口座からの入金があります。

 

ネットオークションで入金があった。この振込み元の口座がネット詐欺をしてたことが判明した。

 

この場合、詐欺に使われた口座から振り込まれていますので、仲間と思われる。

 

 

 

法律だと、口座を凍結して、一定期間、ネット上で公告されて、預金の権利が没収されます。

 

滅多にない話だと思いますが、1億円預金のある口座を持ってました。ここに犯罪に使われた口座から振り込みがありました。

 

あまり使ってない口座だったので、振り込みにも気づきませんし、凍結にも気づきませんでした。

 

しばらく経つと、1億円預金の権利が消えます。法律を読むと、後から無罪が分かっても、全額戻ってこないで、他の事件の被害者救済に使われると書いてましたよ(専門家ではないので、詳しくないですが)。

 

どのような運用をされているかは、全く詳しくありません。

 

 

 

あとは、誤判定というか、どうなんでしょう、ちょっとしたトラブルで被害届けが出て、警察が凍結に動いてしまった場合もあるようです。

 

 

www.bengo4.com

 

リンクの例だと、どっちが正しいとか、そういったことは抜きにしても、ネットビジネスで、ちょっとしたことで警察が動き、口座凍結されることがあるのかもしれませんね。

 

こういった場合、全銀行の口座凍結までいかなくても、該当口座から生活費の口座に振り込んでいると、生活費の口座も凍結されるかもしれませんね。

 

こういったことを読んで、ネットオークションなど、知らない人から振り込みがあるビジネスは、怖くてできないと思いました。

 

個人で体調を崩して急に入院になって、商品が発送できなくなって、口座凍結になったと書いている人もいました(本当かどうかは分かりませんが)。

 

 

これ、口座番号を誰かに知られることだけでも、怖いですよね。

 

犯罪者に仕立て上げたい人の口座に、一定金額を振り込んで、詐欺にあいましたと被害届を出すと、凍結されてしまうかもしれませんよね。

 

こういったことを国が関わってやれば(国が関わった冤罪事件は多くあります)、もうどうにもできないでしょう。

 

 なんでこんなことを書いたのか

楽天銀行の口座を持っているんですよ。

 

ほとんど使ってなかった。

 

久しぶりに使おうとしたら、ロックされてました。これが凍結です。

 

この場合、凍結の理由が長期間の入出金がなかったというものなので、1週間程度で解除できました。他の理由だと、こんな簡単に解除できないようです。

 

それで、少し預金も残っていたんですよね(数千円)。なのに、使ってないだけで、凍結なの?と思って、ネットみると、今、書いたようなことが分かったのです。

 

 

あまり推測で書くと、アレですが、大企業の口座だったら、変なところから振り込みがあっても、凍結されないでしょう。

 

法人の口座が凍結されるのも少ないです(犯罪に使われるケースが少ないからでしょうけど)。

 

圧倒的に、個人口座が凍結されることが多いです。

 

預金の権利消滅の公告(預金保険機構が開示しています)を、ちょっとみても、個人の口座ばかりです。ほとんどは、犯罪に使われたのだと思います(思いたいです)。

 

話が変わりますが、法人を作って、資金を法人に移しておくことって、けっこう大事なんじゃないでしょうか。

 

世の中、大混乱になって、預金封鎖になっても、個人と法人の取り扱いは別でしょう、きっと。大企業の口座なんか封鎖するわけないでしょ。個人は、全没収もあると思います。

 

そんなことを思いました。