暇つぶしにアフィリエイトやってます

暇つぶしにアフィリエイトやってます。本当は、嫌々ながら、1日1時間くらいやってます。

ネットの文章での改行の話(前の記事の追記)

 

ブログでの改行について、はてなブログで書かれていた方もいました。

 

なんとなく思っていることを追記します。

 

あっているかどうか分かりませんし、正解というものもないのかもしれません。

 

 

ちょっと補足しておきますが、改行や余白が少ないWEBの文章は読む気がしません。

 

なので、本と同じような散文のルールを、WEBでも使った方がよいとは思っていません。

 

アフィリエイトやっている記事で、改行や余白を迷ったときは、入れるようにしています。

 

 改行のメリット、デメリット

本などの文章と違って、ネットの文章では改行は多い方がよいでしょうし、余白もあった方がよいでしょう。

 

一般的な散文のルールでやると、1つの段落が長くなりすぎて、読みにくいです。

 

どこまでやるかですが、文の途中での改行は、やりすぎと思っていたので、前回の記事になりました。

 

 

なぜ、そう思うかですが、感覚的にそう思います。

 

感覚に頼っていてはいけないので、他の理由を書くと、WEBで文章を書いて生活しているような人で、文の途中で改行を多用する人は少ないと思うからです。

 

改行も、段落の大きさも、行間の取り方も、文字の大きさも、ブログで食べているような人は似てませんか。

 

 

改行などで、あえて、個性を出す必要はないのかなと思ってます。

 

それ以上、考えることはしてなくて、稼いでいる人と同じ感じでやっておけばOKにしています。

 

メリット、デメリットなどを適当に考えると、次のようなことでしょうか。

 

 メリット

 改行や余白が多いことのメリットです。

 

やはり、読みやすいと思います。改行が少ないよりは多い方が読みやすい。

 

短文や単語で改行されていると、感情に訴えやすいとも思います。理屈ではなくて、感情に訴えるときは、これは効くかもしれませんね。LPなどではテクニックとして使うとか。

 

 デメリット

 デメリットは、読んだときの印象が、軽い感じかなあ。

 

改行や余白が多いと伝わりやすいかもしれません。でも、信頼や安心感が出ないような気がします(よく分からないけど)。

 

リピーターの多いブログなどだと、あまり気にしなくてもよいのかもしれませんね。

 

 

アフィリエイトで検索から来た人に、短い時間で信頼してもらって、アクションを起こしてもらうには、改行と余白が多すぎるのは、よくないと思います(これも、なんとなくですけどね)。

 

といいますか、そんなことは、あまり考えたことがなくて、普通にしておけばよいと思ってました。

 

普通というのは、WEBライティングで食べている人達と同じにしておけばよい。

 

 ユーザーの好みにあわせる

ユーザーには、改行が好きな人もいるし、嫌いな人もいると思います。

 

だから、どんなユーザーがみても、許してもらえるくらいがよいのでしょうね。

 

詰めすぎた文章が嫌いな人はいるし、改行ばかりの文章も嫌いな人もいるでしょう。

 

その中間くらいでよいのかと。

 

どの辺りの文章がよいかは、先に収益化している人達が、いろいろと試して結論が出てそうな気がしますので、それと同じにしておけば、大きな問題はないでしょう。

 

 

よくは知りませんが、個性を出しまくっているブロガーでも、改行、余白、段落などは、普通にしてると思いますよ。

 

 

徹底するのなら、来る人にあわせて、改行なども調整するのがよいとは思います。

 

年齢や性別によっても、好みの傾向はあるでしょう。

 

ジャンルによって、最適な改行や余白が少し違うのでしょう。

 

 印象の話

中身が同じなら、印象がよい方が選ばれます。

 

実際に聞いた話なのですが、ある難関といわれる試験の受験者を長年みてた人が、こういってました。

 

ちょっと合格に足りないと思う人でも合格する人はいる。

 

そういう人は、だいたい、字がきれいなんだよな。

 

この話が、本当かどうか確かめようがありませんし、本来、字のきれいさは、採点に影響してはいけません。

 

それでも、採点するのが人間なので(この試験は長文を書かせます)、ありえる話だと思っています。

 

人は、印象に左右されやすい側面がありますよね。

 

 

 WEBでも、改行などの形式で、印象を下げるようなこと(嫌いな人が一定数いるようなこと)は避けた方がよいと思います。

 

あまりないと思いますが、字体を個性的にするのも、収益化を考えている人であればやらないでしょう。字体って、メイリオとか、そんなやつです。普通でOKです。

 

デザインも、ブログでは、同じようなことがいえるかもしれませんね。

 

 まとめ

 読みやすさや、見た目の印象などは、けっこう大きな要素だと思います。

 

普通の範囲内でやらないと、大きく損しそうです。

 

(注)考えがあって個性的にやっている人を批判する意図はありません。